無料メール相談

予約

矯正歯科

親知らずは抜かないとだめなの

いけだ歯科矯正歯科の院長 池田 一彦です。こんにちは。
お口の中に親知らずはありますか?
親知らずとは大臼歯の中で最も後ろに位置する歯であり、正式な名称は第三大臼歯で、智歯とも呼ばれています。親知らずは中切歯(最前方の前歯)から数えて8番目にあり、永久歯の中で最後に発育します。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来とも言われています。
親知らずは一般的には、上あごの左右2本と下あごの左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずが無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、あるいは生える方向が通常と異なるために、埋伏していたり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしば見られます。
親知らずの埋伏や、先天性欠損は、人類の進化の一過程という考えがあります。しかしこれは現代になって生じた現象ではなく、親知らずの埋伏や欠損は弥生時代からすでに珍しくない現象であったようです。現代人になって急激に親知らずの先天性欠損や、親知らずが生えてこないことが増えたという感覚を持つ人が多いようですが、現代人においてすべての親知らずが生える頻度が増加し、親知らずの先天性欠損が減少したという調査結果もあります。親知らずの埋伏や欠損は悠久の時の流れの中での傾向であり、近年になって爆発的に増えたわけではないのです。
親知らずは歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態になることが多いです。これを智歯周囲炎と呼び、20歳前後の人に発生する頻度の高い疾患です。智歯周囲炎が周囲の軟組織や顎骨(あごの骨)に広がると、顔が腫れたり、口が開きにくくなったりすることがあります。
この智歯周囲炎になった場合は、抗菌薬(化膿どめ)や、消炎鎮痛薬(痛み止め)の投与、さらにはうがい薬などを併用して炎症を鎮めたあと、歯肉弁切除(被った歯肉を切除)を行い、ようすをみるといった場合もありますが、親知らずの生える方向が悪かったり、炎症を繰り返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。
親知らずの抜歯は正常に生えている場合には、普通の歯を抜くのと同様に比較的簡単に抜くことができます。しかし、親知らずの大部分が骨の中に埋まっていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると、歯肉を切開したり、骨や歯を削ったりするため、抜歯するのにもかなりの注意と手間が必要となります。
抜いたほうがいいのかなど、親知らずについて悩んでいることがありましたらご相談ください。