無料メール相談

予約

院長ブログ

無料メール相談6(歯のホワイトニングしたいのですが、詰め物も白くなりますか?)

今まで、多くの方々に無料でメール相談をしてきました。その中から良くある相談を紹介しています。
「歯のホワイトニングをして白くしたいのですが、費用とか回数を教えてください。また、詰め物や差し歯も白くなりますか?」

これも、とてもよくある質問で、これから3月の卒業・入学・就職・転勤の時期になるとやはりホワイトニングの需要がふえます。写真では上がホワイトニング前で、下がホワイトニング後です。

ホワイトニングは、歯科医院でするオフィスホワイトニングと、キットを作ってもらって自宅で自分でするホームホワイトニングの2種類が有ります。

一般には、オフィスホワイトニングが主流で、1回目がカウンセリングと1回目のホワイトニングで1時間30分くらいかかり、2回目以降はホワイトニング施術のみで1時間くらいかかります。白くなるのには個人差があって、もう少し白くたしい時は3回目さらに4回目をすることもあります。

その後は、時間が経つと少しづづ後戻りしますから、半年に1度位のペースでホワイトニングする事をおすすめします。また、色が気になり始めたら、自宅でするホームホワイトニングをして白さをキープする事も可能です。

自宅で自分でする時は、1回目に歯科医院で歯の型を取り模型を作ります。2回目の来院時までに、歯の型に合わせてホワイトニング剤を盛る透明のマウスピースを作っておきます。そして、2回目で、マウスピースとホワイトニング剤を持って帰り、自宅で夜寝ている間などにホワイトニング剤を盛ったマウスピースを数時間つけておきます。

自宅でするホワイトニング剤は、漂泊力が弱いのでゆっくりしか白くなりませんのでイマイチ変化がわかりにくいですが、奥まで浸透するのであと戻りが少ないです。逆に、オフィスホワイトニングの方が漂泊力は強力で一気に白くなるので、達成感がありますが、あまり奥に効き過ぎると痛みが出るので表面の漂泊が中心となり多少あと戻りします。オフィスホワイトニングで白さが足りない時には、ホームホワイトニングで補うのが効果的です。

従って、オフィスホワイトニングを先にして白くしてから、後はホームホワイトニングのキットで時々漂泊して、白さをキープする事をお勧めします。面倒な方は、半年~1年に一度オフィスホワイトニングにこられていますね。

さて、質問の陶器の差し歯やプラスチックの詰め物などは残念ながら白くはなりません。歯を白くしてからその色味に合わせた詰め物や被せ物に交換しないといけません。あと、虫歯があるとホワイトニングができませんので、虫歯の治療から始めます。