無料メール相談

予約

院長ブログ

審美治療に興味があるなら

 歯科には診療分野がいくつか設けられており、その中には審美歯科に対応しているところもあります。審美歯科で行うのは、審美治療であり虫歯や歯周病のような病気を治す治療ではありません。審美治療とは、見た目の美しさに重点を置いた歯科治療で、歯や口元をきれいに見せたい患者さんに行う治療です。虫歯や歯周病のような病気を治すための治療ではないため、歯科治療でも扱いとしては自由診療となります。そのため治療費においては健康保険が適用されず、費用が高額になる特徴があります。その点から、以前はTVで活躍される方などの一部の人が行う治療でしたが、近年では審美治療が一般化しつつあり、審美歯科に来院される患者さんが増えています。
 審美治療にはいくつかの種類があり、それぞれの内容や目的も異なってきます。
「ホワイトニング」 歯を白くするための治療です。効果は永久ではないものの、定期的に重ねて行うことで維持できます。いくつか方法はあり、自宅で行える方法もあります。歯が白くなることで、第一印象を良くします。そのためプライベートやビジネスにおける出会いにもプラスの効果をもたらします。
「セラミック治療」 詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療です。セラミックにすることで、見た目を天然の歯に近い美しさにできます。またセラミックは審美性の高さのみではなく、プラークが付着しにくく、歯にもしっかりと接着するため二次虫歯の予防にもつながります。
「歯列矯正」 歯並びを改善するための治療です。子どもが行うイメージはありますが、大人でも行うことができます。歯並びがよくなると、歯磨きがしやすくプラークも溜まりにくくなるため、予防につながります。

「インプラント」 第二の永久歯と呼ばれており、失った歯への対処となる治療です。入れ歯と違い人工の歯の根を埋め込むため、安定性が高く天然の歯に近い噛む力を再現できます。治療においては手術が必要となるため、内容としては大掛かりなものになります。見た目も天然歯に近く、噛む力も変わらないため食事も楽しめます。
 審美歯科は、できる症例とできない症例があるためしっかりと見てもらい判断が必要になります。費用も高額になるため事前に調べておいておくことも大事です。メリットが多いですが、デメリットもあるためデメリットも知ったうえでの判断が必要となります。以前プチ整形という言葉が誕生したように、審美に対する関心は一般でも高まっています。このため、歯科においても審美歯科を希望する人が増えてきています。少しでも審美歯科に興味がある方は、歯医者に行き話を聞くことをおすすめします。