無料メール相談

予約

院長ブログ

ゴムメタル矯正

今日は博多で矯正の勉強会に出席しました。
ゴムメタルと言う新しい素材の矯正用ワイヤーを使った治療方法のお話でした。軟らかいのに弾性が強い物質と言う今までにない性質の針金です。実際は歯科の矯正用に開発されたものではなく、トヨタ自動車の中央研究所が目的を決めないで汎用性のものとして開発され、いま石川遼さんが宣伝している眼鏡フレームやクルム伊達さんが宣伝しているテニスラケットに応用されているらしいです。
 歯科矯正治療でも画期的で、ワイヤー交換時の痛みがほぼなくなったり、治療期間が半分で済んだり来院回数が減ったりと患者さんにとってもかなりのメリットがあるようです。下の写真では、たったの半年でここまでスピーディーに治せています。今までのワイヤーの2年分を半年で済ませています。

少しワイヤーは高いのですが、時間がお金で買えるという意味で需要は有りそうです。従来の矯正とは、決定的に違いますので、今後この方法を取り入れていきたいと思います。
 実際に手にとって触ってみると今までにない弾力で、ガムのような柔らかさです。専門的には、ヤング率が小さいのに引張強度が大きいという事です。開発された神奈川歯科大学の長谷川 信 先生と記念撮影させていただきました。
明日も一日講義と実習です。よろしくお願いします。