無料メール相談

予約

院長ブログ

インプラントオペ

昨日東京から帰ってすぐに月曜日の朝からインプラントの手術でした。今日のオペは難しくはなく、骨の幅も高さも有り楽勝のような感じが有りました。もともとは歯を抜いて10年近く経っていて骨そのものは吸収して高さが下がっていました。しかし元々がもっと厚い骨が有ったのでしょうね。ソケットリフトやサイナスリフトをする必要もなくすんなりと終わる予定でした。
しかし問題がありました。
入れ歯を入れていなくてしかも抜いてからの時間がかなり経っていたので、骨の質が弱くなっていて、掘ると軟らかかったのです。
丁度、宇宙飛行士が長期間わたり無重力状態にいると骨が軟らかくなるのと同じような状態です。
これは大きな問題で、インプラントまわりに骨が寄ってこないのでのちのち外れる可能性があります。
こんな時は、中に骨をつくる素材の粒子を入れて骨の質を強化します。半年ぐらい時間が経過すると自分の骨に置き換わってインプラントを固定してくれる便利な素材です。

昔は無かったのですが、おかげで無事に手術を終える事ができました。こんな感じであっという間に一日が過ぎていきます。