無料メール相談

予約

院長ブログ

インプラント アドバンスコース再受講 ピエゾのススメ

インプラントのアドバンスセミナー第二回目に行きました。
7年前に同じセミナーを受けました。その二回目です。
今回は、糸瀬正通先生と馬場正英先生の二人の先生の講義でした。
糸瀬先生は「サイナスリフト」と言って上顎のインプラントの時に鼻の空洞に骨を作る手術を担当されています。
上の歯のインプラントをする時に骨の少ない方がいらっしゃいますが、その上側は鼻の空洞(副鼻腔)になっています。そこに人工的に骨を作ってインプラントを入れるのです。基本的考え方はあまり変わっていませんが、大きく違っているのは、使う道具です。
より安全で確実な器具が開発されています。それが、ピエゾ又はピエゾサージェリーという器械です。そんなに高価な機械ではありませんが、インプラント時のサイナスリフト・親知らずの抜歯・骨隆起の除去等では、大活躍します。原理は、ヤスリの先が超音波振動していて、相手が硬い物だと少しづづ削れていきます。相手が軟らかい物だと一緒に振動してしまうので、削れないし切れないのです。納得!

馬場正英先生はこの専門で、今回も講義されました。骨は切れるけど、肉は切れないという面白い器械でメスとは反対です。私も三年ほど前から使用していますが、本当に安全に鼻の空洞を開ける事が可能ですし、超困難な親知らずの抜歯等でも比較的簡単に抜く事ができます。ピエゾサージェリーが当医院にある事をネット知られた患者様が、かなり遠方から親知らずの歯を抜きにこられたり、骨隆起を除去されに来られたりしています。馬場先生の講義もとても判りやすいものでした。また、色々な使い方のバリエーションも紹介していただきました。