無料メール相談

予約

  • メニュー

院長ブログ

今年最初のインプラント

お蔭さまで、無事に今年も診療がはじまり、 最初のインプラント埋入手術をしました。
骨の幅も高さも十分あり骨量・骨質共に問題の無い症例でした。手術も2時間程度で終わりました。
下のレントゲン写真はCTの写真です。左下が水平の断面で上の二つが前からと横からの垂直断面です。

この方の場合は中間の奥歯が2本無くなっています。インプラントの両サイドに歯が残っているとドリルのガイドも安定しやすく、予定した位置に綺麗に入れる事が可能です。赤いラインは下顎の真中に通っている太い神経の管で下顎管と言いますが、インプラントが神経を避けて綺麗に入っています。
この神経を傷つけるとしびれが残ったりします。問題が発生する時の多くは、ガイドを信用し過ぎて掘りすぎてしまうことです。
ガイドの安定性を見極めて、ガイドの誤差に常に気を払うようにしています。
安心と安全をモットーに今年もインプラント手術を極めたいと思っています。