無料メール相談

予約

スタッフブログ

フッ素とキシリトールで虫歯予防

>今回はフッ素とキシリトールについてのお話です
歯に良いといわれるフッ素とキシリトールですが、なぜ良いかご存知ですか?
まずはフッ素とキシリトールについてご説明していきます。

フッ素とは、虫歯予防や丈夫な歯や骨を作るのにかかせない物質です。
フッ素には、お口の中の汚れである歯垢の中の細菌の働きを抑え、
歯垢が作る酸の量を減らすことができます。
歯から溶けだしてしまったリンやカルシウムの再石灰化を促進させます。
歯の表面を強くさせ、酸に溶けにくい状態にします。

    キシリトールとは、糖アルコールという分類に所属しています。
    多くの果物や野菜にも含まれています。キシリトールは糖アルコールの中で
    もっとも甘い物質で、砂糖と同じ甘さをもっています。
    キシリトールなどの糖アルコールは虫歯の原因になりにくいといわれており、
    その中でもキシリトールは歯を溶かす酸を全く作りません。
    先ほどキシリトールは砂糖のような甘みがあるとお伝えしましたが、
    甘みが強いのでお口の中にいれると甘みにより、唾液がたくさん出るようになり
    お口の中の酸性状態を中和し、歯が溶けにくくなり虫歯予防になります。
    キシリトールにもフッ素と同じような特徴があり、
    歯の再石灰化を促進させたり、歯垢と歯垢の中の細菌を減少させます。

    ではどのようにフッ素とキシリトールを使用すると効果的なのでしょうか?
    フッ素でよく知られているのは、歯磨き粉にフッ素が入っているものだと思います。
    お子様から大人の方までフッ素入りの歯磨き粉を使うことで、虫歯予防になります。
    フッ素入りの歯磨き粉を使用した後のうがいの水は少量の水で軽く1回すすぐ程度で
    お口の中に残っている方が、効果的です。
    また、仕上げ磨きとしてフッ素のジェルを使用するのも良いでしょう。
    うがいなどができない小さなお子様には、ジェルをおすすめします。
    歯磨き粉やジェルのフッ素の濃度もいろいろ種類がありますので、ご相談ください。
    フッ素には他にも、フッ素洗口や歯科医院でのフッ素塗布などがあります。

    続いてはキシリトールです。よく知られているのは、ガムなどに入っていますが、
    少量のキシリトールが入っているからといって虫歯予防になるわけではありません。
    実は100%キシリトールで、できたものではないと虫歯予防効果がありません。
    100%キシリトールでできたものであれば、歯磨きの後にキシリトールを食べた方が
    良いのです。
    今は、ガムだけではなく、チョコレートやグミ、ラムネなどもありますので、
    おやつにキシリトール入りのお菓子を食べて虫歯予防をしていきましょう。