無料メール相談

予約

スタッフブログ

痛くない麻酔

歯医者が嫌われる一番の理由は「痛い」というイメージがあげられます。
歯科の治療ではむし歯をとったり、歯を抜いたり、神経をとったりするときに麻酔を使いますが、その麻酔をうつときに痛みを伴うため、歯科治療が嫌いという方は多いと思います。とはいえ、治療中の痛みを取り除くためには、歯科の麻酔は非常に大切なものです。今回は歯科治療で使われる麻酔法などについてご紹介です。

<局所麻酔法>
歯医者の麻酔と聞いて、歯茎にブスッと刺される注射をイメージすると思いますが、その歯茎の注射のことを正式には局所麻酔といいます。
局所麻酔は、局所に麻酔薬を作用させて、一時的に感覚を消失させる方法です。
局所麻酔は以下の方法に分類されます。
・浸潤麻酔法
治療する歯の近くの歯茎から、麻酔薬を注射し、骨に薬をしみこませ、骨の中の神経に薬を作用させます。麻酔の針は、太い針より細い針の方が痛みが少ない傾向にあります。現在ではさまざま医療メーカーから、細くて切れのよい針が開発され、実用化されているので、以前よりはるかに痛くない注射になっています。
・伝達麻酔法
下顎の奥歯は骨が厚く、麻酔が比較的効きにくい場所です。
この部分の治療を行う場合には、浸潤麻酔に加えて、この方法を用いることがあります。
伝達麻酔は、神経が枝分かれする前の、おおもとの部分に麻酔薬を注射することで、口唇や舌を含む広い範囲に麻酔薬を作用させることができます。

<痛みを軽減するための工夫>
・表面麻酔の使用
麻酔で痛みを感じるのは、針を歯茎にさす瞬間です。その歯茎にさしたときの痛みを軽減させるために、表面麻酔というものを塗ります。歯茎の表面の感覚が麻痺するため、そのあとに浸潤麻酔や伝達麻酔をすると、ずいぶんと楽になります。
・電動麻酔器の導入

麻酔を注入するときに、人の手で麻酔を注入すると、注入のスピードにばらつきが出てしまい、余計な圧力がかかって、痛みを伴うことがあります。これを改善したのが、電動麻酔器です。電動麻酔器であれば、一定のスピードで麻酔を注入できるので、患者さんへの影響を少なくすることができます。

・麻酔薬の温度を上げておく
麻酔の注射で体内に入ってくる薬が体温に近ければ、体への負担が少ないとされています。そのため、浸潤麻酔や伝達麻酔をする前に、麻酔薬を温めておき、患者さんへの負担を軽減するようにしています。

・圧迫麻酔
針を入れる部分を事前に指で強く圧迫しておくとその後数秒は知覚が鈍くなっています。この時を逃さないで麻酔をします。もしくは、入れる部分のすぐ近くを強く圧迫しておきます。そうするとチクッとした感覚はほとんどなくなります。

今回は歯科の麻酔についてご紹介しました。当院でも、表面麻酔薬や電動麻酔器や温めた麻酔薬を使用して、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。