無料メール相談

予約

スタッフブログ

炭酸水は歯に悪いのか??

「虫歯を進めてしまうような、歯に悪い飲食物は何でしょう?」と言われたとき、真っ先に何が思い浮かびましたか?一般的に砂糖を多く含み、歯や口のなかに長い時間停滞するようなものほどお口の中のpHを下げ、歯を溶かす原因になります。キャラメルは砂糖を多く含み、さらに歯にくっつくことで長く停滞します。コーラなどの清涼飲料水は砂糖の水溶液ですのでもちろん多く糖を含み、口の中に隅々まで広がって清掃しづらい場所に停滞します。では砂糖を含まない炭酸水は歯に悪い影響を与えることがあるのでしょうか?
答えは「清涼飲料水などに比べれば、遥かに影響は少ない」です。
一口に炭酸水といっても、フレーバーを加えてあるものや、酸味を加えてあるものなどもあり、影響が少ないと言えるのは原料が水と二酸化炭素のみで作られる純粋な炭酸水のみです。添加物を含まない純粋な炭酸水はpHが5程度の弱酸性飲料です。コーラなどの炭酸飲料のpH2.5〜3と比較すると酸性度が低いことが分かります。また、エナメル質の臨界pH(歯が溶け出すpH)は5.5で炭酸水のpHよりも高いですが、摂取直後は一時的にpHが低下するものの唾液によって一分以内で臨界pH以上まで回復するとの文献があり、酸蝕症になる心配が全くないとは言い切れませんが、嗜好品として多飲多用しない限りはほとんど心配ないと考えられます。ただし、歯茎が下がったり、エナメル質がすり減って象牙質が口腔内に露出しているような状態であれば、影響をうけるのはエナメル質よりも耐酸性が低い象牙質やセメント質になります。歯ぎしりをされるかた、歯周病と診断されたかた、歯ブラシをかける力が強くて歯がすり減ったり歯茎がさがってしまったかたなどは注意が必要です。お口の中にこのような状態が見られるようであれば、通常よりもリスクが高いということを念頭において炭酸水とつきあうように気をつけてください。
また、炭酸水の中でも風味付けがしてあるもののなかには、コーラなどの炭酸飲料と同程度の酸性度を示す炭酸水もありますので、砂糖が入っていないから安心というわけではありません。パッケージの成分表示をよく確認して、水と二酸化炭素以外に何が含まれているかをよく確認してから摂取するよう注意が必要かと思われます。
歯は食べ物の影響を非常に多く受けます。嗜好品の影響は特に顕著ですので、虫歯がよくできると感じるかたは普段の食生活を少し思い返してみてはいかがでしょうか?