無料メール相談

予約

スタッフブログ

歯科衛生士のすすめ  1

歯科衛生士という職業をご存知ですか?
歯科衛生士とは、歯科疾患の予防および口腔衛生の向上を図ることを目的として、
「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つの業務を行うことが法律に
定められており、それぞれに専門性の高い技術を必要とします。

「歯科予防処置」とは虫歯と歯周病などのお口の病気を予防することです。
虫歯予防のためにフッ素を塗り歯を強くすること
歯周病予防のために歯石や歯垢を取り除くことなどです。

「歯科診療補助」とは歯科医師が治療を適切かつスムーズに行えるように
サポートすることです。また、歯科医師の指導のもと、治療の一部を担当することもできます。歯科医師と患者様の間の架け橋の役割を歯科衛生士がすることで
信頼関係ができ質の高い治療を患者様に提供することができます。

「歯科保健指導」とは健康なお口の状態を保つために行う歯磨き指導、
栄養や食事指導なども行います。また幼稚園や小学校に行き指導をすることもあります。
現在では高齢化が進んでおり、歯科診療所だけでなく、総合病院や老人ホームでの
口腔ケアなど歯科衛生士が活躍できる場が広がっています。

当院では、虫歯治療での診療の補助、歯周病予防のための歯石取り、
インプラント手術での補助、矯正をされている方のブラッシング指導、
着色とり、ホワイトニングなどしています。

わたしがなぜ歯科をえらんだかというと、医療に興味があり誰かの役に
立つ仕事をしたいと思ったのがきっかけです。
生涯やりがいを持って仕事をし続けたいと思っていたとき、高校の先生から歯科衛生士を勧めてもらいました。
歯科衛生士は国家資格なので責任ややりがいもある仕事であること、
将来結婚や子育てをしながらでも働きやすいと聞き歯科衛生士を目指しました。

歯科衛生士になるためには、歯科衛生士養成施設に通い、歯の構造や虫歯や歯周病などの知識を学びます。歯科に関する知識が全くありませんでしたが、
学ぶにつれて歯の重要性を実感するようになりました。
1人でも多くの方に、歯を失わずにご自身の歯で生涯おいしく食事をしていただきたい、
笑顔でイキイキと生活を送ってほしいと思っています。
そのためには、わたしたち歯科衛生士が患者様により添い不安を解消し、
納得したうえで治療を受けてもらい、歯の重要性を伝え続けていこうと思っております。

歯科衛生士は、生涯を通じて患者様により添える素晴らしい仕事だと思っています。

次回は歯科衛生士のすすめ2です。