無料メール相談

予約

スタッフブログ

歯磨きしているのに、なぜ虫歯はできるの?

虫歯は、毎日歯磨きしているのにできる人や、歯磨きをさぼってしまうのに全くできない人、虫歯になりやすい人、なりにくい人がいます。虫歯になる原因は、歯磨きのしかたや、あてかたが悪い、歯が弱い、甘いものをたくさん食べるからなど原因は一つではなく、いくつかの原因から虫歯になってしまいます。
虫歯ができるまでの流れとしては、お口のなかにはたくさんの細菌がいます。お口の中の二大疾患と言われている「虫歯」や「歯周病」は「歯垢 プラーク」という細菌のかたまりが直接の原因で発症します。お口のなかには、常にミュータンス菌などの虫歯菌が存在しています。食事をしたあと、お口のなかに残っている糖分をミュータンス菌などの虫歯菌が取り込み、酸をだします。この酸で歯が溶かされることを「脱灰」と言います。この作用が続いていくと、虫歯になります。しかし、お口のなかには唾液とゆう、優れた強い味方がいます。唾液には、ミュータンス菌などの虫歯菌によって出された酸を中和し、脱灰された歯を修復する役割があります。これを「再石灰化」といいます。脱灰と再石灰化のバランスが、たもたれているときは虫歯ができていない状態です。しかし、何らかの原因でこのバランスが崩れてしまい、脱灰が優位に働いてしまったら虫歯になります。

 虫歯ができる原因としては、「歯磨きがうまくできていない」「間食が多く、糖分の摂取が多い」「ミュータンス菌などの虫歯菌が多い」「歯の質が弱い」「唾液の質や量」などがあります。歯磨きでは、歯垢をとりますが歯垢の中にはたくさんの細菌が存在しているため、歯垢をしっかりとることができないと、唾液による再石灰化が追い付かなくなります。なので、歯磨きをするときは歯垢をしっかり落とすことが大事になってきます。間食も多いと、その分糖分を摂取する回数も増えるので、歯の脱灰を進めてしまいます。間食の回数も多いよりは少ないほうが虫歯にはなりにくいです。歯の質が弱い方は、酸に歯が溶かされて虫歯になりやすいです。強い歯にするためにはフッ素を歯に塗り込むことが大事です。普段の歯磨きの時に、フッ素入りの歯磨き粉を使用したり、歯医者に定期的に行き、フッ素を塗ってもらうことをお勧めします。唾液は質や量も虫歯に関係しています。唾液の質や量には個人差があります。唾液の量は、多いほど虫歯菌が出した酸を中和してくれます。唾液の少ない方や、病気や薬の副作用で唾液が出にくい方は、唾液腺マッサージや、キシリトールのガムを噛んだりすることをお勧めします。唾液には、抗菌作用や緩衝作用などがあります。虫歯に大きく関わっているのが緩衝作用です。緩衝作用は、虫歯菌が出す酸によって酸性(脱灰状態)傾いた口の中をもとの状態に戻す働きをしてくれます。唾液の作用も人により差があります。
 虫歯ができてしまう原因は、歯磨きの仕方や唾液の量などいくつかの原因からなります。このような原因を作らないためにも、日頃から強い歯をつくるために食事や糖質の取り方を、気を付けて予防に取り組むことが大事になります