無料メール相談

予約

スタッフブログ

歯ブラシの選び方

こんにちは。今日は歯ブラシの選び方についてです。
歯ブラシには大きくわけて、手用歯ブラシと電動歯ブラシの2種類がありますが、
今回は手用歯ブラシについてお話していきます。

みなさんは歯ブラシを選ぶとき何を基準に選んでいますか?
・費用が安い
・見た目が気にいった
などで選んでいる方は今日から選び方を変えてみてください。

歯ブラシを選ぶときに注目してほしいところは
1毛質の固さ
2毛質の細さ、形
3ヘッドの大きさ
4柄の形

まず、毛質の固さについてです。
毛質の固さには「①かため」「②ふつう」「③やわらかめ」があります。
一般的におすすめなのは、「ふつう」タイプです。
汚れの除去力だけをみると「かため」タイプが一番汚れを落とす力はあります。
しかし、間違った磨き方をすると歯が削れてしまう、歯茎を傷つけてしまう恐れがあり
注意が必要になります。
「かため」タイプがおすすめなかたは、磨く力が弱い方です。
「やわらかめ」タイプがおすすめなかたは、歯を磨く力が強い方、歯周病で歯茎に炎症がある方です。
どちらにもあてはまらないかたは「ふつう」タイプを使ってみると良いでしょう。

次は歯ブラシの毛先の形、細さについてです。
一般的には毛先の加工がされておらず、まっすぐにカットされているタイプが
一番汚れが取れる歯ブラシと言われているので、虫歯予防をしたい方は
こちらの歯ブラシを使うとよいでしょう。
山形にカットされている歯ブラシも汚れが取れやすそうにみえますが、毛先が均一に歯に当たらず磨き残しが増えてしまうようです。
毛先が極細にカットされている歯ブラシもあります。
極細タイプは歯周ポケットの中に入りやすいので歯周病予防をしたい方におすすめです。
しかし極細タイプは歯周ポケットの中の汚れをとるのは得意ですが、毛先が柔らかくコシがないため、汚れ除去力はおちてしまい磨き残しが増えるため注意が必要になります。

次はヘッドついてです。
ヘッドとは、歯ブラシの先端の毛がついているところを指します。
ヘッドが大きい歯ブラシは一度に広範囲磨けますが、細かいところを磨くのには向いていません。お口の小さい子どもや女性にはヘッドが小さいものをおすすめします。

次は柄についてです。
ストレートの柄がもちやすくて細かく動きやすいためおすすめです。
少しカーブがついているタイプもありますが、口腔内の状態によっては
奥歯の方まで届きにくい場合があるので使ってみて使いやすい形のものを選ぶのがよいです。

ご自身のお口に合った歯ブラシを選ぶと、清掃状況もよくなりますので
ご相談されたいかたは一度スタッフにお声かけお願いします。