無料メール相談

予約

スタッフブログ

歯の神経を取るとどうなるの

【神経を取ると歯は死んでしまう⁈】
神経を取るとどうなるの?とみなさん疑問に思ったことはありませんか?そこで今回は歯の神経をテーマにお話ししていきたいと思います。
まず歯髄の役割は、大きく分けて3つあります。
(1)象牙質への栄養供給(歯髄中の血管を通じて歯を作る象牙芽細胞に栄養を供給している)
(2)歯の知覚(歯髄に伝わった刺激は種類に関わらず痛みとなる。痛みにより虫歯に気づくことができます。)
(3)刺激に対する防御反応(第2象牙質を作ることにより歯の厚みを増し、痛みを防ぎます。)

次に神経を抜くメリット・デメリットについてなんですが、メリットとしては歯の知覚がまったくなくなる点と、病気の進行を食い止められるということがあげられます。神経を抜いてしまえば、虫歯で痛くなったり冷たい水がしみたりなど、まったく感じなくなります。また、神経がある部分は歯の内部の通路の役割もするため、虫歯の細菌が歯の内部に進行し、その先の根の先の骨まで侵してしまうのを防ぐことができます。
その反面、神経を抜くデメリットとしてはまず、歯が脆くなります。神経を取るとその周辺の細かい血管までとることになるので、当然栄養分が行き届かなくなり脆くなってしまいます。そのため歯の寿命も短くなりがちです。そしてデメリット二つ目としては、歯の色が変色することです。神経を取った歯は白ではなく、褐色が目立つようになってきます。三つ目は神経を取ったあとの空間が感染を起こすと、数年後痛みや腫れが出てくる可能性がリスクとしてあげられます。最後に神経を抜く治療は、治療期間が長くなるというのがあげられます。これらを総合して考えると、メリットよりもデメリットの方が多くなります。

しかし歯の痛みがひどければ、痛みを取る方がメリットがあると判断するため神経を取るしかありません。神経を取る治療はどこの歯科医院でも多くしていますし、神経の治療期間が長いということもあり、みなさん歯科医院にとってなにかメリットがあるのではないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそのようなことはありません。神経を取る治療は、高度な技術が必要で時間や期間もかかる反面、実は治療の単価は低く抑えられているため、歯科医院にとってどちらかと言えばデメリットと言えます。

これまで神経の役割と神経を取った時のメリット・デメリットについてお話ししてきましたが、やはり1番は神経を取らないでもいいようになるべく定期健診に行っていただいて、早期発見・早期治療をしていくことが将来一本でも多くの歯を残すための近道だと思います。