無料メール相談

予約

スタッフブログ

普段の癖が歯並びに影響

皆さんが普段の生活の中で何気なく無意識にやっている癖により歯並びが悪くなることがあるのはご存知ですか?
歯並びは、歯の大きさとあごの大きさに深く関係しています。遺伝的な影響もありますが、成長過程の異常が原因になることもあります。
歯は弱い力でも繰り返し長い期間にわたって、力がかかることにより、少しずつ動いていきます。
成長期のお子さんの場合、日頃の悪い習慣が歯並びや顎の成長に大きな影響を与えます。また、成人の方でも悪い習癖や癖があると矯正治療が進まなかったり歯並びが後戻りを起こす原因にもなるのです。
歯並びを悪くする原因は大きく2っに分類されます。
一つ目が遺伝による生まれつきの先天的原因、ふたつ目が悪い習慣(癖)による後天的原因です。
・遺伝によるもの
歯の大きさや形、顎の大きさや歯並びも両親からの遺伝として引き継がれます。例えば両親のどちらかが受け口の場合、お子さんも受け口になる可能性が高いです。骨格性の出っ歯や受け口などの特徴的な顎の形のほかにも、歯が重なって生える叢生も遺伝しやすいといわれています。 
・癖によるもの
①指しゃぶり
乳児~幼児によく見られる癖のひとつですが、
3歳以降になっても持続している場合、上の歯と下の歯の間に隙間ができる「開咬(かいこう)」や、前歯が突き出す「上顎前突」(出っ歯)になりやすくなります。
②唇を噛むくせ
下唇を噛む癖がつくことにより、上の前歯は前方に倒れ、下の前歯は内側に倒れて凸凹になり「出っ歯」になりやすくなります。
また、噛み合わせが深くなり下の前歯が上の前歯の歯肉に当たって傷がついてしまうことがあります。反対に上唇を噛む癖は、噛み合わせが反対になる「受け口」の原因にもなります。
③舌癖
舌癖とは歯に舌を押し付けているような癖のことをいいます。本来の舌の正しい位置は、上顎にくっつける位置で歯には触れません。
あまりなじみがない言葉かもしれませんが、日常的に口をあけて舌で歯の裏側を押したり、上下の歯で挟んだりする癖のことを指します。この癖を続けていると、出っ歯や受け口、開咬などになりやすくなります。唾を飲み込む時にに、舌を押し出すような癖のあるお子さんは要注意です。
その後の発音や喋り方にも影響が出てしまうかもしれません。
④頬杖
小さいうちから頬杖が癖になってしまうと、顎の成長を妨げる恐れがあります。また、噛み合わせのズレも引き起こします。
うつぶせで寝たり、頬の内側を噛んだりという習慣にも注意が必要。これも頬杖と同じように、あごを圧迫してしまい歯並びや顎の成長を妨げる可能性があります。
⑤口呼吸
長時間口が開けっぱなしにしている習慣があると下あごと舌がだんだん下がってきてしまいます。そうすると、顎の幅が狭くなったり、前歯が出やすくなり、不正咬合の原因になったりするのです。
アデノイド・鼻炎が原因で鼻がつまる場合は耳鼻科を受診して改善が必要です。

子供の悪い癖は何かストレスがあったり、寂しさが理由になっている場合もあるので癖を治すことはもちろん重要ですが、その悪い癖をしてしまう理由を取り除いてあげることも大切です。
今のあなたの歯並びも遺伝だけでなく、もしかしたら子供の頃の癖が影響しているかもしれません。
もし今お子様に悪い癖があるのなら、歯並びに影響してしまう前に注意してあげることが重要なので早めに直してあげられるように気をつけましょう。