無料メール相談

予約

スタッフブログ

口内炎?それとも口腔癌?

「口内炎」とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。
唇や頬、歯ぐき、舌、のどの奥など、口の中に起きる炎症の全てを指しますが、その種類や原因はさまざまです。原因を知ることは、治療や予防にも役立ちます。口内炎には主に4つの種類があります。

「アフタ性口内炎」
一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎」です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、ビタミン不足などが考えられています。
症状は赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が発生します。小さなものが2~3個群がって発生することもあります。普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。口腔癌では痛みがありません。

「カタル性口内炎」
入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおを噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯でやけどしたときなど物理的刺激が原因で起こる口内炎です。口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。

「ウイルス性口内炎」
ウイルスが原因で起こる口内炎です。
単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」は、主に唾液などの接触感染や飛沫感染によって感染します。ほかにも性感染症による口内炎も知られています。
ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小さな水疱ができ、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みが伴うことがあります。

「カンジタ菌による口内炎」
カンジタ菌は真菌の一種で、もともと体に存在する常在菌のひとつですが、免疫力が低下すると増殖することがあり、カンジダ性口内炎を発症することがあります。
カンジダ菌による炎症には、白くなるタイプと赤くなるタイプがあり、2種が混在する場合もあります。特に赤くなる場合は、ヒリヒリした痛みや灼熱感などがあります。舌に炎症が起きて粘膜の奥の方まで炎症が進行すると、治療後も痛みや味覚障害を起こすことがあります。

「アレルギーによる口内炎」
特定の食べ物や薬物、入れ歯や詰め物の金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」もあります。また、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあり、ニコチン性の口内炎の場合は口の中の舌や粘膜に白斑ができ、がんに変化するおそれもあります。

口内炎は、通常であれば2週間ほどで治りますが、長期間治らない場合は、口腔癌の可能性も考えられます。
・口内炎のように、自然に治癒しない
・形がデコボコしていて硬い
・赤い部分と白い部分が混ざっている
このような場合はただの口内炎だと放置しないように気をつけましょう。
特に痛みがなかったら癌のこともあります。

お口の中は、食事や呼吸、おしゃべりなどをするため、いろいろなウイルス・ほこりなどが侵入する可能性の高い場所です。鼻や、内臓に通じるのどともつながっている重要な場所であるため、さまざまな粘膜で覆われているので健康であれば多くの場合こうした細菌に感染することはありませんが、疲れや栄養不足などで免疫力が低下することで侵入した細菌たちに感染し炎症を起こしやすくなるのです。
口内炎が起こったら、普段の生活を見直すきっかけにしてみるといいでしょう。
長く続く場合や痛みが伴なわない場合は歯科医院や口腔外科などの医療機関での受診をおすすめします