無料メール相談

予約

スタッフブログ

入れ歯のお手入方法

入れ歯をお使いの方は、毎日たいへんですよね。
入れ歯は、大きく分けると、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。部分入れ歯は、自分の歯が部分的に残っている場合につけるもので、総入れ歯は、自分の歯がすべてなくなってしまったときにつけるものです。

お口の中の手入れが悪いと、歯にはプラーク(歯垢)が付着します。そして、プラークは歯だけではなく、使っている入れ歯にも付着します。プラークのついたままの、汚れた入れ歯を使用していると、入れ歯に歯垢がたまり、以下のようなことが起こる可能性があります。
・入れ歯に歯垢がたまり、義歯性口内炎の原因になる。
・入れ歯による慢性的な刺激や圧迫で、粘膜や入れ歯の縁に炎症が起こる。
・唾液に含まれる細菌が増え、気管に入ると誤嚥性肺炎を起こす危険がある。
・口臭が発生しやすくなる。
・部分入れ歯の場合、金具のかかっている歯が虫歯や歯周病になりやすくなる。
これらのことを防ぐためにも、入れ歯の毎日の手入れはとても重要です。
歯を磨くのと同じように、入れ歯もしっかり清掃します。できれば食事を終えるたびに毎回はずして水洗いが理想的です。難しい場合は1日1回はていねいに洗います。
清掃するときには、入れ歯を必ずはずします。落として割れたり、排水溝に流れてしまったりしないように、水を張った洗面器などの上で行うとよいです。水を流しながら、ブラシを使って洗います。歯ブラシでも磨くことは可能ですが、形が複雑な入れ歯のヌルヌルした汚れをしっかり落とすためには、入れ歯専用のブラシがおすすめです。入れ歯専用ブラシは、通常使用する歯ブラシと同じナイロンの毛でできていますが、歯ブラシよりも固く、入れ歯の頑固な汚れを磨き落とすことができます。また、柄が太く持ちやすいので、力を入れてゴシゴシと磨けます。用意できない場合は、固めの歯ブラシでもよいです。研磨剤の入っている歯磨き粉は義歯の表面に傷をつけ、臭いや着色の原因となるので、使用しない方がよいです。総入れ歯で汚れが付きやすいのは、歯と歯の隙間や歯茎と密着する裏側です。部分入れ歯はそれに加えて金具の部分に汚れがつきやすいので、よく清掃します。

入れ歯洗浄剤を使用すると、ブラシだけでは落としきれない汚れやカンジダ菌などの真菌や細菌を除去できるので、3日に1回は使用するとよいです。熱湯や漂白剤につけたり乾燥させたりすると、変形や変色のもとになるので避けてください。
入れ歯での生活を快適にするために、毎日の手入れをしっかりと行い、清潔に保つことを心がけましょう。