無料メール相談

予約

スタッフブログ

メンテナンス

メンテナンスの重要性

歯医者さんは歯が痛くなってから行くところ、毎日歯磨きしていれば虫歯や歯周病を防げると思っていませんか?
しかし、すべての人が歯磨きだけで虫歯や歯周病を予防できるわけではありません。お口の中の状態は、その人によって違うので、自分で行うブラッシングだけでは不十分です。必ず磨き残しがあるからです。
口の中の細菌数や種類、唾液の量、唾液の質、歯の質、年齢、ブラッシングの仕方...虫歯や歯周病の発生にはさまざまな原因があります。
歯磨きは口の中の健康維持に不可欠だということに違いはありませんが、確実な予防には日々のブラッシングプラス歯科医院でのメンテナンスをあわせて行うことが有効です。

〈 日本人はメンテナンスに対する意識が低い 〉

日本人は、歯が痛くならないと歯医者に行かない人が多いです。歯が痛くてもギリギリのところまで我慢して先延ばしにする人も少なくありません。しかし、予防大国スウェーデンは違います。歯科受診の中心がメンテナンス(検診)です。スウェーデンでは歯が痛くなくても歯医者に通うのです。この違いの現われとして、80歳の残存歯数が挙げられます。
同じ80歳でも日本人の歯の残存歯数は7本前後、多くの人が入れ歯になり自分の歯ではおいしく食事が楽しめません。それに対して、スウェーデンでは80歳でも20本以上の歯が残っている方がたくさんいらっしゃいます。自分の歯で食事を楽しめているのです。
「80歳なら、入れ歯になっても仕方ない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、メンテナンス次第で20本の歯を残すことは可能です。日本には、「歳をとったら歯を失うのは当たり前」と思っている人が多いですが、他の国では80歳になっても自分の歯で噛めるように歯を守るためのメンテナンスをしているのです。

〈 メンテナンスの種類 〉

メンテナンスには、保険で行う4ヵ月後毎の定期健診(歯石取り)と自費で行う1~2ヶ月毎のクリーニング(PMTC)の2種類があります。
・歯石取り
歯石取りにはスケーリングという施術方法が用いられます。スケーリングとは、歯周病の原因となる歯石を先のとがったスケーラーという器具で落としていく方法のことです。スケーラーにはさまざまな種類があり、施術する箇所や口腔内の状態により使い分けます。
保険治療の場合は、歯全体の歯石を一度で取り除くことが認められていないので数回に分けて行う必要があります。
・PMTC
歯ブラシでは、落とすことが出来ない歯の表面についた透明の膜(バイオフィルム)をとることができます。バイオフィルムとは歯周病菌などの微生物の集合体のことを言います。PMTCでは、専用の機械を使って歯の表面を1本1本丁寧に磨いていきます。虫歯になりやすい歯と歯の間、歯周病の原因となる歯周ポケットにもしっかり作用します。また、使用する薬剤は歯にとっても良い成分がたくさん入っているので、すればするほど歯が強くなっていきます。
当院ではメンテナンスを行いながら、常に患者さまのお口の状態をチェックをしています。そうすることで、口腔内の変化をいち早く整えることが出来るのです。
メンテナンスは虫歯や歯周病予防にもなるので定期的に受けることをおすすめします。