無料メール相談

予約

インプラント

タバコが及ぼす体とお口への影響

タバコがわたしたちの健康に害を及ぼすことは、良く知られていると思います。
タバコを吸うことで、ガンや心臓疾患などのリスクが高くなります。
タバコを吸うことで口腔内は直接影響を受けるため歯周病、口腔がん、
根面の虫歯、歯や歯茎の着色、口臭などの症状が出ます。

ではどうしてタバコが悪いと言われるのでしょうか?
タバコの煙の中には4000種類以上の化学物質が含まれていて、
その中でも、250種類以上の有害物質が含まれており、発がん性物質は70種類以上含まれているそうです。

タバコのなかに含まれている代表的なものには「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」があります。

「ニコチン」とはタバコへの依存性を高める物質です。タバコを吸えば吸うほど、依存性は高くなっていきます。
体内に「ニコチン」が入ると末梢血管の収縮を引き起こします。心拍数の増加、
血圧上昇により心臓病の発症に繋がります。

「タール」とは発がん性物質です。肺がんなどの全身のがんをひきおこします。

「一酸化炭素」とは不完全燃焼時に発生する有毒ガスです。血液中のヘモグロビンは一酸化炭素と結合しやすく、結合すると末端の組織に酸素が届きにくくなり、慢性的な酸素欠乏の状態になりやすくなります。心臓にかなりの負担をかけてしまいます。

タバコの代表的な物質を見るだけでも、体に悪い影響することが分かると思いますが、お口の健康への影響はどうでしょうか?

タバコに含まれる「ニコチン」により唾液の分泌量が減ってしまい、細菌の繁殖につながります。汚れが歯と歯茎の間に停滞することにより、根面の虫歯が進行しやすくなります。口臭もより感じやすくなります。

タバコを吸うと歯周病になりやすく、治りにくいと聞いたことはありますか?
実は本当です。
歯茎の血管が細くなり血流が悪くなることで歯周組織を再生させる能力が低下し、歯周病が治りにくく進行しやすくなります。
タバコを吸うと炎症があっても出血しにくくなります。
歯周病のサインである出血の症状がわかりにくくなるため歯周病の発見が遅れてしまい、きづいた時には治療ができず歯を抜かなければなりません。
特に、インプラントを入れられている方は、タバコは禁物で、インプラントの寿命を短くします。下のエックス線写真は他院でインプラントをいれられていますがヘビースモーカーのため、周りの骨が溶けて来ています。

見た目にも影響します。歯や歯茎にもタバコのヤニが吸着し、歯は黄色みが強く、歯茎は黒ずんでしまいます。

また、家族の喫煙が子どもの虫歯に影響があると言われています。
乳歯の生えた小さな子どもがタバコの煙を吸ってしまうと虫歯になるリスクが
2倍にもなります。

ご自身の健康と家族の健康を守るためにも禁煙をぜひ考えてみてはいかがでしょうか。