無料メール相談

予約

スタッフブログ

お口もエイジングケアしませんか?

年齢を重ねてもなお美しくあるために、肌や髪を念入りにお手入れすることはあっても、歯ぐきのケアをされている方は少ないのではないでしょうか?
健康や美容に影響をもたらす歯ぐきは、肌や髪と同じく年齢とともに変化します。
実は、歯ぐきの構造は肌とよく似ていて、内側はコラーゲンで満たされた結合組織、外側はターンオーバーが盛んな上皮組織です。そのため、肌と同じように加齢による影響を受けやすい箇所なのです。歯ぐきの細胞の活性が低下すると、「やせる」などのおとろえが見えはじめます。
また、年齢とともに免疫力が低下し、細菌などへの抵抗力がおとろえることも、歯ぐきの健康が脅かされる原因となります。
 歯ぐきがおとろえてくると、上皮組織の歯ぐきの細胞同士の結合がゆるんでしまうことから、細胞間に歯周病原因子が入りやすい状態になってしまいます。
歯ぐきと周辺組織に炎症が起きる歯周病は、自覚症状が少ないまま進行し、最悪の場合には歯を失うこともある恐ろしい病気です。予防するには、健康で抵抗力の高い歯ぐきを維持することが不可欠です。
 そんな歯ぐきを美しく健やかに保ち、お口のエイジングケアに力を発揮するものの一つが「唾液」です。
消化を助け、口の中を清潔にする働きがある唾液は、むし歯や歯周病の予防、老化防止にも役立つと言われています。
また、侵入してきた細菌を殺したり、増殖を抑えたりする効果も知られていて、唾液中のムチンという粘り気のある成分は、細菌を凝集させて、口の中から排出する作用をもっています。
 唾液は、「噛む」という刺激が脳に伝わることで分泌されます。そのため、加齢などで噛む力が弱まると、唾液が出にくくなります。飲酒や喫煙なども、唾液の分泌量を減らす一因です。唾液が減ると、むし歯や歯周病になるリスクが高まったり、口臭が強くなるなどのトラブルにつながる恐れがあります。
下記のような症状はありますか?チェックしてみてください。
□口のかわきが3カ月以上続いている
□あごの下が繰り返し、あるいはいつも腫れている
□乾いた食べ物を飲み込む際にしばしば水を飲む
□日中水をよく飲む
□夜間にのどが乾いて水を飲む
□乾いた食品が噛みにくい
□食べ物が飲みこみにくい
□口の中がネバネバする
□口臭がある
□義歯で口の中が傷つきやすい
当てはまる項目が多いほど、唾液の分泌量が減っている可能性があります。
お口と体の健康に深い関わりをもつ唾液をたくさん出す秘訣は、よく噛むことです。
併せて、舌を前後左右に大きく動かして唾液腺を刺激したり、唾液腺がある場所をマッサージするのも効果的です。
さらに、毎日のブラッシングで歯ぐきをやさしくマッサージすることも、お口の健康や美容維持に役立ちます。
唾液を増やして元気な歯ぐきを維持しましょう。