無料メール相談

予約

スタッフブログ

「歯肉炎」と「歯周炎」の違いは?

          
 みなさんは「歯肉炎」と「歯周炎」はどこが違うのか知っていますか?
まず、「歯肉炎」と「歯周炎」の総称のことを歯周病といいます。歯周病は現在、成人の8割のかたがなっているといわれています。今回は「歯肉炎」と「歯周炎」の違いについてお話していきます。
「歯肉炎とは」
 歯の周囲にある歯茎だけが炎症をおこし腫れている、比較的軽度な炎症のことです。症状としては歯茎に違和感や痛み、腫れや、歯磨きのさいに出血をおこしたり歯茎が赤紫色に変色したり、口臭の原因になったりします、炎症をおこしてしまう一番の原因は、磨き残しによって歯垢や歯石が残っていることです。歯肉炎であれば、大体の原因となっているプラーク(歯垢)と歯石を除去し、丁寧にブラッシングをすれば炎症が落ち着いて治ってきます。歯垢はブラッシングで落ちますが歯石の場合は、専用の機械で落とさないと落ちないため歯科医院での処置が必要になってきます。
「歯周炎とは」
 歯周炎は歯肉炎が悪化し、歯を支える骨にまで腫れが広がっている、重度の炎症のことです。かなり重症化してしまうと歯を支えている歯槽骨といわれる骨が、溶かされいくので歯が大きく揺れ、自然に歯が抜けてしまったり全身に及ぶ場合もあります。原因としては、大半の歯周炎は長い時間をかけて歯と歯茎のあいだに歯垢や歯石が溜まった結果発生します。歯と歯茎のあいだに歯周ポケットができ、歯根とそれを支える骨のあいだに広がっていきます。歯周ポケットによって酸素のない環境に歯垢がたまり、この環境が侵食力の強い細菌の増殖を促します。歯垢と細菌により、歯を固定する組織や骨に損傷を与え、炎症が起こります。骨が失われるため、歯のぐらつきに痛みが伴うようになってきます。歯の損失は、一般的には40代に始まってきます。歯周炎は、歯磨きも大事ですが歯科医院での歯周病の治療もとても大事になってきます。
 歯周病は、虫歯と違い症状がないため気付かないうちにどんどん進行していきます。歯周病は歯を失う可能性もありますが、軽度の症状であれば治せる可能性もあります。しかし、歯がぐらつくといった症状までに悪化してしまっている場合は、歯科医院の治療であっても完全に元の状態に戻すことは困難です。歯肉炎かな?とか歯茎に違和感を感じることがありましたらできるだけ早めに歯科医院に受診することをおすすめします。早く気づくことで、1本でも多くの歯を残せる可能性もあるので定期的に歯科医院に通い、クリーニングやチェックしてもらうことも大事になってくるため、虫歯がないから行かいのではなく、1本でも多く歯が残せるよう定期的に歯科医院へ行かれてください。