無料メール相談

予約

スタッフブログ

メンテナンス

メンテナンスの重要性

歯医者さんは歯が痛くなってから行くところ、毎日歯磨きしていれば虫歯や歯周病を防げると思っていませんか?
しかし、すべての人が歯磨きだけで虫歯や歯周病を予防できるわけではありません。お口の中の状態は、その人によって違うので、自分で行うブラッシングだけでは不十分です。必ず磨き残しがあるからです。
口の中の細菌数や種類、唾液の量、唾液の質、歯の質、年齢、ブラッシングの仕方...虫歯や歯周病の発生にはさまざまな原因があります。
歯磨きは口の中の健康維持に不可欠だということに違いはありませんが、確実な予防には日々のブラッシングプラス歯科医院でのメンテナンスをあわせて行うことが有効です。

〈 日本人はメンテナンスに対する意識が低い 〉

日本人は、歯が痛くならないと歯医者に行かない人が多いです。歯が痛くてもギリギリのところまで我慢して先延ばしにする人も少なくありません。しかし、予防大国スウェーデンは違います。歯科受診の中心がメンテナンス(検診)です。スウェーデンでは歯が痛くなくても歯医者に通うのです。この違いの現われとして、80歳の残存歯数が挙げられます。
同じ80歳でも日本人の歯の残存歯数は7本前後、多くの人が入れ歯になり自分の歯ではおいしく食事が楽しめません。それに対して、スウェーデンでは80歳でも20本以上の歯が残っている方がたくさんいらっしゃいます。自分の歯で食事を楽しめているのです。
「80歳なら、入れ歯になっても仕方ない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、メンテナンス次第で20本の歯を残すことは可能です。日本には、「歳をとったら歯を失うのは当たり前」と思っている人が多いですが、他の国では80歳になっても自分の歯で噛めるように歯を守るためのメンテナンスをしているのです。

〈 メンテナンスの種類 〉

メンテナンスには、保険で行う4ヵ月後毎の定期健診(歯石取り)と自費で行う1~2ヶ月毎のクリーニング(PMTC)の2種類があります。
・歯石取り
歯石取りにはスケーリングという施術方法が用いられます。スケーリングとは、歯周病の原因となる歯石を先のとがったスケーラーという器具で落としていく方法のことです。スケーラーにはさまざまな種類があり、施術する箇所や口腔内の状態により使い分けます。
保険治療の場合は、歯全体の歯石を一度で取り除くことが認められていないので数回に分けて行う必要があります。
・PMTC
歯ブラシでは、落とすことが出来ない歯の表面についた透明の膜(バイオフィルム)をとることができます。バイオフィルムとは歯周病菌などの微生物の集合体のことを言います。PMTCでは、専用の機械を使って歯の表面を1本1本丁寧に磨いていきます。虫歯になりやすい歯と歯の間、歯周病の原因となる歯周ポケットにもしっかり作用します。また、使用する薬剤は歯にとっても良い成分がたくさん入っているので、すればするほど歯が強くなっていきます。
当院ではメンテナンスを行いながら、常に患者さまのお口の状態をチェックをしています。そうすることで、口腔内の変化をいち早く整えることが出来るのです。
メンテナンスは虫歯や歯周病予防にもなるので定期的に受けることをおすすめします。

歯科医院選びの決め手は

あなたは、歯科医院を選ぶときの決め手は何ですか?
医院が清潔、先生の腕がよい、家が近いなど色々理由はあると思いますが、
安全に治療を受けられるというのは、大前提だと思います。
当院でも安心して患者様に治療をうけていただくために感染予防対策をしています。
安心で安全な良い治療には、器具の衛生状態はとても重要です。
どんなに優れた器具、どんなに歯科医師の腕が良くても、器具の衛生状態が悪ければ、
最悪の結果を招いてしまう可能性があります。感染予防対策をしっかり行うことで、
全ての治療の成功率が格段にアップします。
感染予防対策をするには、器具を清潔な状態にしておかなくてはなりません。
そのためにするのが、滅菌と言う作業です。
滅菌とは、有害・無害を問わず増殖性を持つあらゆる微生物を完全に殺滅、
または除去することをいいます。
当院にも、滅菌器が2種類あるのでご紹介します。
1つめは、高圧蒸気滅菌器です。

121℃の高温の蒸気で約20分間滅菌処理を行います。
高圧蒸気滅菌器は操作時間が短く効果も高いので多くの医院で使用されています。
滅菌した器具は1つ1つ袋に入っており、使う直前に袋から取り出すので清潔です。
当院では患者様のお口の中を見るミラー、ピンセット、歯石取りに使う器具、
インプラントの器具など様々な器具をこの機械で滅菌しています。
しかし、この高圧蒸気滅菌器は高温になりすぎるので高温だと溶けてしまうプラスチックなどは滅菌できません。
そこで使用しているのが、2つめのガス滅菌器です。

専用の容器の箱にアルコールで1度消毒した器具を入れ、ガスを充満させ滅菌を行います。操作時間は45分と長く時間がかかりますが、プラスチックなどの高温では溶けてしまう器具も滅菌することができます。
当院では、高圧蒸気滅菌器で滅菌ができない器具は全てこの機械で滅菌しているので清潔です。
また、感染の疑いのある器具は1度薬液に浸し感染力をなくしたうえで、高圧蒸気滅菌器、もしくは、ガス滅菌器で滅菌を行っております。
虫歯の治療に使う注射針は感染源になるリスクが非常に高いので、使い捨てのものを使用しています。コップや、エプロンも使い捨てのものを使用しています。
当然ですがグローブや患者さまのお顔にかけるタオルなどは患者さまごと
交換しているので安心してください。
患者さまに安心して通院していただけるようにスタッフ一同これからも院内感染対策をしっかり行っていきます。

歯周病でお悩みの方に朗報

次のような症状に思い当たる方はいらっしゃいませんか?
■歯磨きのときに、出血する
■歯茎が赤く腫れている
■朝起きたとき、口の中がねばつく
■口臭が気になる
■歯が長くなった気がする
■歯茎がむずがゆい、痛い
■かたいものが噛みにくい
■前歯がでてきた、ものがよくはさまる

これらはすべて、歯周病の症状です。
6つ以上当てはまる方は、歯周病が進行している可能性があります。
毎日しっかり歯磨きしているのに、歯医者さんで定期的に清掃をしているのに、どうしてなかなか良くならないのでしょう。
それには、ある知られざる原因があるのです。

一般的な歯周病の治療といえば、歯石取りと、歯面清掃です。
そもそも歯周病は、歯周病菌による感染症です。
汚れをとって綺麗な状態にしても、歯周病菌を除菌しなければ、またすぐに菌が増えて歯周病の症状は再発してしまいます。
そういうわけで、歯周病は磨いても磨いても、なかなか良くならないのです。
しかも、通常の歯石取りで使う器具は刃物です。歯周病菌に感染して腫れている歯茎は、簡単に傷つき、出血をします。
除菌をしていない状態で出血をさせると、血中に菌が入り、全身に流れていき、菌血症という状態を引き起こす可能性があります。

また、歯周病の進行には、口の中に住むカビ菌も関係しています。
カビは、歯周病の直接的な原因にはなりませんが、歯周病菌の住み家になっていて、歯周病菌を守っています。いわば、シェルターの役目をしています。
カビを取り除かない限りは、歯周病菌を除菌することができません。
カビを除菌するには特別なお薬が必要です。

そこで、歯周内科治療という、新しい歯周病の治療についてご紹介です。
歯周内科治療は、カビ取り用歯磨き剤と細菌を殺す飲み薬(抗生剤)で、歯周病を治すという治療法です。

まずは、お口の中の歯垢をとり、顕微鏡で菌などを調べます。
菌の検査は、非常に大きなポイントです。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか、顕微鏡で確認をしないと、お薬の選択ができないのです。
菌の種類や量を調べ、それに合わせた内服薬(抗生剤)と、カビを殺す歯磨き剤によるブラッシングで、徹底的に除菌をします。
数日後、再び菌の検査をします。除菌ができていることを確認した後、通常の歯石取りをします。

歯周内科治療後は、歯茎からの出血がなくなったり、歯のぐらつきが止まったり、朝起きた時のねばつきがなくなったり、かんだときの痛みや違和感がなくなったり、といったような、症状の改善が期待できます。

残念ながら保険にはまだ導入されていませんが、効果は90%ありますのでぜひおすすめです。

骨粗鬆症の薬を飲んでると歯の治療ができない!?

こんにちは、副院長の甲斐です。
日本人の平均寿命は女性は87.26歳、男性が81.09歳(2017年)と過去最高を更新し、世界的に見てもほぼトップを走る長寿国であることは間違いありません。長寿であるということは喜ばしいことでありますが、残念ながら「寿命=健康に過ごせる期間」ではありません。医療技術が発達した昨今では、難しい状態でも命をつなぐことが可能になった反面、様々な病と共に人生を歩む期間も長くなったと言えます。診療の際お薬手帳を拝見することがありますが、一定の年齢を超えた方はほぼ皆さん何かしらの薬を飲んでいらっしゃいます。飲まれているお薬の種類によっては、飲み合わせの関係でこちらからお出しする薬の変更が必要な場合や、処置に配慮が必要な種類のお薬もありますが、特に問題となるのは骨のお薬です。一言に「骨の薬」といっても様々な種類があり、骨に関係する薬を飲んでいるからといって必ずしも問題になるわけではありません。歯科において注意が必要となるのは骨粗鬆症治療薬の中で「bisphosphonate」と呼ばれる種類のものです。
代表的なものとしては
アクトネル

フォサマック

ベネット

ボナロン

リカルボン

bisphosphonate(ビスフォスフォネート)とは
骨というのは一度出来上がればそのままというわけではなく、一定の間隔で少しずつ古い骨が壊されながら新しい骨に置き換えられていきます。この「古い骨が壊されるスピード」と「新しい骨が出来上がるスピード」のバランスが崩れてしまっている状態が骨粗鬆症です。ビスフォスフォネートは古い骨を壊す「破骨細胞」の働きを阻害し、骨量を減らさないようにする作用をもつお薬です。それだけ聞くと歯科には無関係に聞こえますが、ある副作用が歯科領域に大きく関わってきます。それは「ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死」と呼ばれるものです。

ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死とは
詳しい発生機序については今だ完全な解明がなされていませんが、大まかに言いますと
「ビスフォスフォネート系のお薬を飲んでいる状態(体に影響が残っている状態)で口腔内の外科処置を行うと、顎の骨に感染を起こして壊死することがある」
ということになります。薬を服用されている方は必ず起こるというものではなく、確率としても高いものではないのですが、一度壊死が起こると処置に期間を要します。また、外科処置だけでなく、口腔内の清掃不良や歯周病等の炎症も壊死を起こすリスクとなりえます。

冒頭で「骨粗鬆症の薬を飲んでると歯の治療ができない!?」と紛らわしい書き方をしましたが、実際は
「外科処置を行うことが難しくなるが、その他の処置については問題なく、むしろ口の中の清掃状態の改善や、歯周病の治療が顎骨壊死の発生を抑える」
ということになります。
他の病院で処方されている薬情報を共有するようなネットワークは残念ながら確立されていません。ビスフォスフォネート系薬剤の影響は、服薬をやめてもしばらく続きます。お薬手帳は現在の投薬状況を知るだけでなく、服薬履歴を知ることもできます。自らの身を守る為にも、来院時には是非お薬手帳をお持ちください

あなたも歯石の付きやすい体質かも

歯石は歯周病の原因となりますが、そもそも歯石と歯垢はどう違うのでしょう?

歯垢とは
歯の表面に付着している白、または黄色の細菌と代謝物のかたまりのことです。
この中にはお口の中で繁殖したたくさんの種類の細菌が住み着いていて、1mgのプラークに対し1億個以上の細菌が存在すると言われています。

簡単に言えば、歯ブラシで落とせる軟らかい汚れです。
歯石とは
歯垢が唾液の中に含まれる成分中のカルシウムやリン酸と混ざって、歯と歯の間や歯と歯茎の間で、石灰化した硬いかたまりを歯石いいます。先ほど述べた歯垢(=プラーク)が成熟して歯石になります。細菌は歯に付着しても、多くの場合は唾液によって流されていきます。しかし、唾液の流れの悪い場所に付着するとそこで増殖を始めて徐々に歯垢(プラーク)を形成していきます。これらの菌には、むし歯の原因である細菌(ミュータンス菌)や歯周病の原因になる菌が生息していて、歯に付着しやすく、強固なプラークを形成するため早めに取り除かなければいけません。
しかし、歯石は歯垢とは対照的に歯ブラシでは落とせないのです。

唾液の分泌が多いほど、歯垢が再石灰化しやすく歯石になりやすいのです。
したがって冒頭に述べた、歯石の付きやすい体質とは
、『唾液の分泌量が多くて、唾液中のカルシウムやリン酸の濃度が高い人』ということになります。

歯石は、歯周病の大きな原因です。歯石の表面はザラザラしているため、その上にさらに歯垢(=プラーク)が付着しやすくなり、歯石が多くできてしまいます。
歯垢はいきなり固まりができるのではなく、再石灰化して徐々にこびりついていくことで歯石が増えていくということです。
歯石は歯ブラシで落とすことはできないので、歯石になる前のプラークの段階で、正しいブラッシング方法でデンタルフロス・歯間ブラシなどを使って毎日しっかり取り除いていくことが大切です。

歯垢(プラーク)は、歯の表面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間、噛む面にしっかりと付着しているのでうがいをしただけでは簡単に取れません。歯磨き粉で細菌をやっつけているように思われている方も多いようですが、歯磨き粉やデンタルリンスはあくまでも補助であって、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシをうまく使って1本1本丁寧に磨かないときれいに落とすことができないのです。
歯と歯の間は歯ブラシだけでは十分に汚れがおちませんが、歯ブラシの後にデンタルフロスを使うことでプラークの除去率が約1.5倍になるといわれます。

日々のケアでプラークの発生を防ぐことはもちろん重要ですが、ケアをしていても個人差があり歯石がつきやすい方もいるので、定期的な歯科医院での歯石とりや虫歯のチェックをしてもらうことで歯周病の予防にも繋がり、虫歯の早期発見もできるので数ヶ月に1度は定期検診をおすすめします。

本当は磨けていない歯磨き

歯を磨くときに歯ブラシ以外に使っているものはありますか?
実は歯ブラシだけではどんなに頑張っても落としにくい汚れがあるのです。それが歯間の汚れです。ある調査で、歯ブラシだけでは60%の汚れしか落とせないと認識されています。
歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくいため、残ってしまった歯垢がむし歯や歯周病の原因になります。そこでお勧めするのが、デンタルフロスを使うことです。

デンタルフロスは、歯と歯の重なりの汚れを落とすのに適しているので、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。ハブラシとデンタルフロスを併用して使うことで歯と歯の間の歯垢除去率が1.5倍にアップしたという報告があります。
歯ブラシだけでは落とせなかった歯垢をよりキレイに落とせるということは、むし歯や歯周病の予防につながります。ほかにもデンタルフロスを使うことで良いことがあります。

口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、口臭がしているかもしれません。毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。
デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。また、デンタルフロスを使うと「歯茎から血が出る」場合は、歯周病の疑いがあります。いずれの場合も、まずは歯科医院で診てもらうようにしましょう。


デンタルフロスには、大きく分けて「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」の2種類があります。「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けてあり、手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを初めて使う方におすすめです。初めての方の場合はどれくらいの力で歯間に入れればいいのか、奥歯にどうやって入れたらいいかわからなかったりしますが、ホルダーがついてれば奥にも入れやすく掃除もしやすいので初めてでもしっかり使えます。F字型は、前歯しか磨けないので、できればY字型がおすすめです。
ロールタイプはホルダーのない糸だけのタイプで、デンタルフロスに慣れている方向けです。 こちらは必要な長さを切り取って、指に巻きつけます。口の中に指を入れることになるので、初めての方はなかなかできない場合がありますが、市販品だとホルダータイプより量があるので経済的です。使い方は歯と歯の間にフロス置いて、ゆっくり横に動かしながら歯間に入れます。そして上下に動かして左右の歯の側面を糸がなぞるように掃除します。こうやって歯の側面の歯垢を取り除くのです。それからゆっくり横に動かしながら取り出します。

使い方を間違うと歯茎を傷つけてしまう恐れがあるので、初めて使う方は、当医院に相談してくださいね。フロスをすることで虫歯や歯周病は防ぐことができるので、是非使ってみてください。

歯も骨の様に再生できるかも?

歯と骨はどちらも多くのカルシウムからできています。共に硬いので似てはいますが、実は歯と骨は全く別物なのです。歯は欠けてしまえば二度と再生しませんが、骨は折れても自然に治りますよね。このように性質に明らかな違いがありますし、そもそも発生の過程からそれぞれ別の道を歩んできているのです。

骨は、身体を構成する組織の一つです。リン酸カルシウムなどの無機質とコラーゲンなどの有機物で構成されています。歯のエナメル質と比べると、有機物を多く含んでいますので硬さでは劣ります。

骨には、身体を支えたり動かしたりする運動機能や、脳や内蔵などの弱い器官を保護する機能、血液中のカルシウムを貯蔵したり、血液の元となる細胞を作ったりする機能など、様々な役割があります。

骨は常に新陳代謝をしているため、骨折をしたときには自然に治癒します。他の体内の組織と同じように少しずつ生まれ変わっており、約3年のサイクルで全身の骨が新しくなっています。なお、骨には神経は存在せず、骨折の痛みは表面の骨膜が破壊されることによって生じます。

一方歯は、食べ物を咀嚼するための器官です。消化器官の入口であり、食べ物を消化しやすくする機能があります。人間の場合には発音や見た目にも関わってくる器官です。

外側は、リン酸カルシウムの一種であるハイドロキシアパタイトを主成分とするエナメル質、象牙質、セメント質の3つの硬組織で囲まれており、内部には、歯髄という神経や血管が通っている軟組織が存在し、脳に痛みを伝えたり、歯に栄養や酸素を供給したりしています。歯の表面は絶えず脱灰と再石灰化が繰り返されていますが、代謝していないので、虫歯などで欠損しても修復することができません。

カルシウムを摂取すると骨が強くなるといいますが、歯の強さそのものにはあまり関係しません。ただし歯が作られる幼少期については、カルシウムの摂取が歯質の強化に繋がります。大人になってからの歯質の強化には、フッ素塗布や唾液の質の改善が有効です。フッ素や唾液は、エナメル質の再石灰化を促し、歯質を強化する働きがあります。唾液の質の改善には、よく噛んで食べる、禁煙する、口呼吸の改善、規則正しい生活を心がけるなどの方法があります。

また、動物によっては咀嚼機能だけではなく、獲物を引っ掛けたり、敵を攻撃したり、穴を掘ったりなど、生態に合わせた形に進化しています。リスやネズミのように一生歯が伸び続ける動物や、何度も歯が生え変わるサメのような動物もいます。

もしも、歯がなくなったら今は流行のインプランがあります。しかし、動物のように再生してくれたら思いませんか?

実は30年後はインプランとはなくなってしまうと予測されています。なぜなら、山中教授の開発したIPS細胞から歯胚を作り、近い将来に歯が再生できるだろうと考えられています。

上の写真は普通に永久歯の下で歯胚ができている所の写真です。

再生した歯胚を骨に埋めると歯が生えてくるのです。夢のような話ですが、早く実現できるといいですね。

電動歯ブラシについて


電動歯ブラシの歴史は1960年ごろ、ヨーロッパで開発されました。当初は細かい歯磨きができない障害者やお年寄り、病人むけに開発され、その後アメリカでも徐々に普及していき、日本では1990年ごろから普及し、「楽で、歯磨きの時間を短縮できる」ということで、現在では多くの方が手軽に使用するようになりました。

電動歯ブラシと言われるものは、実は
1.電動歯ブラシ(2000~7000回 / 分)
2.音波ブラシ(3万~5万回 / 分)
3.超音波ブラシ(100万~150万回 / 分)
の3種類に分けられます。
どれも目的は、歯垢を落とすことです。
これらをひとまとめにして「電動歯ブラシ」と言われていますが、種類によって、磨き心地が全く異なります。

1の電動歯ブラシは、名前の通り「電動」で動くものです。歯ブラシのヘッドが動くことで、歯垢を落としていきます。それ以上の効果はなく、ただ単に歯ブラシを手で動かさなくてよい、というものです。価格は安いものだと、数百円から購入可能です。

2の音波ブラシは、電動ブラシの作用に加えて、音波の振動による高速の水流によって、毛先の触れていない範囲の歯垢も除去できます。価格は1万円~2万円ぐらいです。

3の超音波ブラシは、音波ブラシよりもさらに強力に歯垢を除去します。価格は1万5千円~2万円ぐらいです。

そのため、音波ブラシや、超音波ブラシは、磨いた後も、歯医者さんでクリーニングした後のような歯のツルツル感を味わうことができます。正しく使用すれば、従来の歯磨きではとれなかった歯垢も、しっかりと除去することができます。毎分3万回以上の回転数により、歯垢除去力は、手磨きの約10倍になるものもあると言われています。

とても優秀な電動歯ブラシですが、いくら高性能なものであっても、やはり歯と歯の間に入り込むことは難しく、歯間の磨き残しは出てくるので、電動歯ブラシで磨いたあとも、デンタルフロスなどを併用したほうがよいと思います。

また、正しく使用しないと、手磨きよりも磨き残しが多くなったり、歯や歯茎を傷つけてしまったり、慣れない間は振動が気持ち悪かったりなどのデメリットがあります。価格も普通の歯ブラシに比べると高いという点もあります。

手磨きより、電動歯ブラシを使った方がよいか聞かれる方が多いですが、ご自分が何を求めるかによります。歯磨きする時間がない、という方にはお勧めです。どちらにしても正しいブラッシングが大切です。正しいブラッシングを覚えて、効果的に電動歯ブラシを使用したいですね。

月別アーカイブ