無料メール相談

予約

スタッフブログ

あなたも歯石の付きやすい体質かも

歯石は歯周病の原因となりますが、そもそも歯石と歯垢はどう違うのでしょう?

歯垢とは
歯の表面に付着している白、または黄色の細菌と代謝物のかたまりのことです。
この中にはお口の中で繁殖したたくさんの種類の細菌が住み着いていて、1mgのプラークに対し1億個以上の細菌が存在すると言われています。

簡単に言えば、歯ブラシで落とせる軟らかい汚れです。
歯石とは
歯垢が唾液の中に含まれる成分中のカルシウムやリン酸と混ざって、歯と歯の間や歯と歯茎の間で、石灰化した硬いかたまりを歯石いいます。先ほど述べた歯垢(=プラーク)が成熟して歯石になります。細菌は歯に付着しても、多くの場合は唾液によって流されていきます。しかし、唾液の流れの悪い場所に付着するとそこで増殖を始めて徐々に歯垢(プラーク)を形成していきます。これらの菌には、むし歯の原因である細菌(ミュータンス菌)や歯周病の原因になる菌が生息していて、歯に付着しやすく、強固なプラークを形成するため早めに取り除かなければいけません。
しかし、歯石は歯垢とは対照的に歯ブラシでは落とせないのです。

唾液の分泌が多いほど、歯垢が再石灰化しやすく歯石になりやすいのです。
したがって冒頭に述べた、歯石の付きやすい体質とは
、『唾液の分泌量が多くて、唾液中のカルシウムやリン酸の濃度が高い人』ということになります。

歯石は、歯周病の大きな原因です。歯石の表面はザラザラしているため、その上にさらに歯垢(=プラーク)が付着しやすくなり、歯石が多くできてしまいます。
歯垢はいきなり固まりができるのではなく、再石灰化して徐々にこびりついていくことで歯石が増えていくということです。
歯石は歯ブラシで落とすことはできないので、歯石になる前のプラークの段階で、正しいブラッシング方法でデンタルフロス・歯間ブラシなどを使って毎日しっかり取り除いていくことが大切です。

歯垢(プラーク)は、歯の表面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間、噛む面にしっかりと付着しているのでうがいをしただけでは簡単に取れません。歯磨き粉で細菌をやっつけているように思われている方も多いようですが、歯磨き粉やデンタルリンスはあくまでも補助であって、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシをうまく使って1本1本丁寧に磨かないときれいに落とすことができないのです。
歯と歯の間は歯ブラシだけでは十分に汚れがおちませんが、歯ブラシの後にデンタルフロスを使うことでプラークの除去率が約1.5倍になるといわれます。

日々のケアでプラークの発生を防ぐことはもちろん重要ですが、ケアをしていても個人差があり歯石がつきやすい方もいるので、定期的な歯科医院での歯石とりや虫歯のチェックをしてもらうことで歯周病の予防にも繋がり、虫歯の早期発見もできるので数ヶ月に1度は定期検診をおすすめします。

本当は磨けていない歯磨き

歯を磨くときに歯ブラシ以外に使っているものはありますか?
実は歯ブラシだけではどんなに頑張っても落としにくい汚れがあるのです。それが歯間の汚れです。ある調査で、歯ブラシだけでは60%の汚れしか落とせないと認識されています。
歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくいため、残ってしまった歯垢がむし歯や歯周病の原因になります。そこでお勧めするのが、デンタルフロスを使うことです。

デンタルフロスは、歯と歯の重なりの汚れを落とすのに適しているので、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。ハブラシとデンタルフロスを併用して使うことで歯と歯の間の歯垢除去率が1.5倍にアップしたという報告があります。
歯ブラシだけでは落とせなかった歯垢をよりキレイに落とせるということは、むし歯や歯周病の予防につながります。ほかにもデンタルフロスを使うことで良いことがあります。

口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、口臭がしているかもしれません。毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。
デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。また、デンタルフロスを使うと「歯茎から血が出る」場合は、歯周病の疑いがあります。いずれの場合も、まずは歯科医院で診てもらうようにしましょう。


デンタルフロスには、大きく分けて「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」の2種類があります。「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けてあり、手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを初めて使う方におすすめです。初めての方の場合はどれくらいの力で歯間に入れればいいのか、奥歯にどうやって入れたらいいかわからなかったりしますが、ホルダーがついてれば奥にも入れやすく掃除もしやすいので初めてでもしっかり使えます。F字型は、前歯しか磨けないので、できればY字型がおすすめです。
ロールタイプはホルダーのない糸だけのタイプで、デンタルフロスに慣れている方向けです。 こちらは必要な長さを切り取って、指に巻きつけます。口の中に指を入れることになるので、初めての方はなかなかできない場合がありますが、市販品だとホルダータイプより量があるので経済的です。使い方は歯と歯の間にフロス置いて、ゆっくり横に動かしながら歯間に入れます。そして上下に動かして左右の歯の側面を糸がなぞるように掃除します。こうやって歯の側面の歯垢を取り除くのです。それからゆっくり横に動かしながら取り出します。

使い方を間違うと歯茎を傷つけてしまう恐れがあるので、初めて使う方は、当医院に相談してくださいね。フロスをすることで虫歯や歯周病は防ぐことができるので、是非使ってみてください。

歯も骨の様に再生できるかも?

歯と骨はどちらも多くのカルシウムからできています。共に硬いので似てはいますが、実は歯と骨は全く別物なのです。歯は欠けてしまえば二度と再生しませんが、骨は折れても自然に治りますよね。このように性質に明らかな違いがありますし、そもそも発生の過程からそれぞれ別の道を歩んできているのです。

骨は、身体を構成する組織の一つです。リン酸カルシウムなどの無機質とコラーゲンなどの有機物で構成されています。歯のエナメル質と比べると、有機物を多く含んでいますので硬さでは劣ります。

骨には、身体を支えたり動かしたりする運動機能や、脳や内蔵などの弱い器官を保護する機能、血液中のカルシウムを貯蔵したり、血液の元となる細胞を作ったりする機能など、様々な役割があります。

骨は常に新陳代謝をしているため、骨折をしたときには自然に治癒します。他の体内の組織と同じように少しずつ生まれ変わっており、約3年のサイクルで全身の骨が新しくなっています。なお、骨には神経は存在せず、骨折の痛みは表面の骨膜が破壊されることによって生じます。

一方歯は、食べ物を咀嚼するための器官です。消化器官の入口であり、食べ物を消化しやすくする機能があります。人間の場合には発音や見た目にも関わってくる器官です。

外側は、リン酸カルシウムの一種であるハイドロキシアパタイトを主成分とするエナメル質、象牙質、セメント質の3つの硬組織で囲まれており、内部には、歯髄という神経や血管が通っている軟組織が存在し、脳に痛みを伝えたり、歯に栄養や酸素を供給したりしています。歯の表面は絶えず脱灰と再石灰化が繰り返されていますが、代謝していないので、虫歯などで欠損しても修復することができません。

カルシウムを摂取すると骨が強くなるといいますが、歯の強さそのものにはあまり関係しません。ただし歯が作られる幼少期については、カルシウムの摂取が歯質の強化に繋がります。大人になってからの歯質の強化には、フッ素塗布や唾液の質の改善が有効です。フッ素や唾液は、エナメル質の再石灰化を促し、歯質を強化する働きがあります。唾液の質の改善には、よく噛んで食べる、禁煙する、口呼吸の改善、規則正しい生活を心がけるなどの方法があります。

また、動物によっては咀嚼機能だけではなく、獲物を引っ掛けたり、敵を攻撃したり、穴を掘ったりなど、生態に合わせた形に進化しています。リスやネズミのように一生歯が伸び続ける動物や、何度も歯が生え変わるサメのような動物もいます。

もしも、歯がなくなったら今は流行のインプランがあります。しかし、動物のように再生してくれたら思いませんか?

実は30年後はインプランとはなくなってしまうと予測されています。なぜなら、山中教授の開発したIPS細胞から歯胚を作り、近い将来に歯が再生できるだろうと考えられています。

上の写真は普通に永久歯の下で歯胚ができている所の写真です。

再生した歯胚を骨に埋めると歯が生えてくるのです。夢のような話ですが、早く実現できるといいですね。

電動歯ブラシについて


電動歯ブラシの歴史は1960年ごろ、ヨーロッパで開発されました。当初は細かい歯磨きができない障害者やお年寄り、病人むけに開発され、その後アメリカでも徐々に普及していき、日本では1990年ごろから普及し、「楽で、歯磨きの時間を短縮できる」ということで、現在では多くの方が手軽に使用するようになりました。

電動歯ブラシと言われるものは、実は
1.電動歯ブラシ(2000~7000回 / 分)
2.音波ブラシ(3万~5万回 / 分)
3.超音波ブラシ(100万~150万回 / 分)
の3種類に分けられます。
どれも目的は、歯垢を落とすことです。
これらをひとまとめにして「電動歯ブラシ」と言われていますが、種類によって、磨き心地が全く異なります。

1の電動歯ブラシは、名前の通り「電動」で動くものです。歯ブラシのヘッドが動くことで、歯垢を落としていきます。それ以上の効果はなく、ただ単に歯ブラシを手で動かさなくてよい、というものです。価格は安いものだと、数百円から購入可能です。

2の音波ブラシは、電動ブラシの作用に加えて、音波の振動による高速の水流によって、毛先の触れていない範囲の歯垢も除去できます。価格は1万円~2万円ぐらいです。

3の超音波ブラシは、音波ブラシよりもさらに強力に歯垢を除去します。価格は1万5千円~2万円ぐらいです。

そのため、音波ブラシや、超音波ブラシは、磨いた後も、歯医者さんでクリーニングした後のような歯のツルツル感を味わうことができます。正しく使用すれば、従来の歯磨きではとれなかった歯垢も、しっかりと除去することができます。毎分3万回以上の回転数により、歯垢除去力は、手磨きの約10倍になるものもあると言われています。

とても優秀な電動歯ブラシですが、いくら高性能なものであっても、やはり歯と歯の間に入り込むことは難しく、歯間の磨き残しは出てくるので、電動歯ブラシで磨いたあとも、デンタルフロスなどを併用したほうがよいと思います。

また、正しく使用しないと、手磨きよりも磨き残しが多くなったり、歯や歯茎を傷つけてしまったり、慣れない間は振動が気持ち悪かったりなどのデメリットがあります。価格も普通の歯ブラシに比べると高いという点もあります。

手磨きより、電動歯ブラシを使った方がよいか聞かれる方が多いですが、ご自分が何を求めるかによります。歯磨きする時間がない、という方にはお勧めです。どちらにしても正しいブラッシングが大切です。正しいブラッシングを覚えて、効果的に電動歯ブラシを使用したいですね。

月別アーカイブ