無料メール相談

予約

スタッフブログ

本当は磨けていない歯磨き

歯を磨くときに歯ブラシ以外に使っているものはありますか?
実は歯ブラシだけではどんなに頑張っても落としにくい汚れがあるのです。それが歯間の汚れです。ある調査で、歯ブラシだけでは60%の汚れしか落とせないと認識されています。
歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくいため、残ってしまった歯垢がむし歯や歯周病の原因になります。そこでお勧めするのが、デンタルフロスを使うことです。

デンタルフロスは、歯と歯の重なりの汚れを落とすのに適しているので、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。ハブラシとデンタルフロスを併用して使うことで歯と歯の間の歯垢除去率が1.5倍にアップしたという報告があります。
歯ブラシだけでは落とせなかった歯垢をよりキレイに落とせるということは、むし歯や歯周病の予防につながります。ほかにもデンタルフロスを使うことで良いことがあります。

口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、口臭がしているかもしれません。毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。
デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。また、デンタルフロスを使うと「歯茎から血が出る」場合は、歯周病の疑いがあります。いずれの場合も、まずは歯科医院で診てもらうようにしましょう。


デンタルフロスには、大きく分けて「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」の2種類があります。「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けてあり、手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを初めて使う方におすすめです。初めての方の場合はどれくらいの力で歯間に入れればいいのか、奥歯にどうやって入れたらいいかわからなかったりしますが、ホルダーがついてれば奥にも入れやすく掃除もしやすいので初めてでもしっかり使えます。F字型は、前歯しか磨けないので、できればY字型がおすすめです。
ロールタイプはホルダーのない糸だけのタイプで、デンタルフロスに慣れている方向けです。 こちらは必要な長さを切り取って、指に巻きつけます。口の中に指を入れることになるので、初めての方はなかなかできない場合がありますが、市販品だとホルダータイプより量があるので経済的です。使い方は歯と歯の間にフロス置いて、ゆっくり横に動かしながら歯間に入れます。そして上下に動かして左右の歯の側面を糸がなぞるように掃除します。こうやって歯の側面の歯垢を取り除くのです。それからゆっくり横に動かしながら取り出します。

使い方を間違うと歯茎を傷つけてしまう恐れがあるので、初めて使う方は、当医院に相談してくださいね。フロスをすることで虫歯や歯周病は防ぐことができるので、是非使ってみてください。