無料メール相談

予約

スタッフブログ

あなたも歯石の付きやすい体質かも

歯石は歯周病の原因となりますが、そもそも歯石と歯垢はどう違うのでしょう?

歯垢とは
歯の表面に付着している白、または黄色の細菌と代謝物のかたまりのことです。
この中にはお口の中で繁殖したたくさんの種類の細菌が住み着いていて、1mgのプラークに対し1億個以上の細菌が存在すると言われています。

簡単に言えば、歯ブラシで落とせる軟らかい汚れです。
歯石とは
歯垢が唾液の中に含まれる成分中のカルシウムやリン酸と混ざって、歯と歯の間や歯と歯茎の間で、石灰化した硬いかたまりを歯石いいます。先ほど述べた歯垢(=プラーク)が成熟して歯石になります。細菌は歯に付着しても、多くの場合は唾液によって流されていきます。しかし、唾液の流れの悪い場所に付着するとそこで増殖を始めて徐々に歯垢(プラーク)を形成していきます。これらの菌には、むし歯の原因である細菌(ミュータンス菌)や歯周病の原因になる菌が生息していて、歯に付着しやすく、強固なプラークを形成するため早めに取り除かなければいけません。
しかし、歯石は歯垢とは対照的に歯ブラシでは落とせないのです。

唾液の分泌が多いほど、歯垢が再石灰化しやすく歯石になりやすいのです。
したがって冒頭に述べた、歯石の付きやすい体質とは
、『唾液の分泌量が多くて、唾液中のカルシウムやリン酸の濃度が高い人』ということになります。

歯石は、歯周病の大きな原因です。歯石の表面はザラザラしているため、その上にさらに歯垢(=プラーク)が付着しやすくなり、歯石が多くできてしまいます。
歯垢はいきなり固まりができるのではなく、再石灰化して徐々にこびりついていくことで歯石が増えていくということです。
歯石は歯ブラシで落とすことはできないので、歯石になる前のプラークの段階で、正しいブラッシング方法でデンタルフロス・歯間ブラシなどを使って毎日しっかり取り除いていくことが大切です。

歯垢(プラーク)は、歯の表面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間、噛む面にしっかりと付着しているのでうがいをしただけでは簡単に取れません。歯磨き粉で細菌をやっつけているように思われている方も多いようですが、歯磨き粉やデンタルリンスはあくまでも補助であって、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシをうまく使って1本1本丁寧に磨かないときれいに落とすことができないのです。
歯と歯の間は歯ブラシだけでは十分に汚れがおちませんが、歯ブラシの後にデンタルフロスを使うことでプラークの除去率が約1.5倍になるといわれます。

日々のケアでプラークの発生を防ぐことはもちろん重要ですが、ケアをしていても個人差があり歯石がつきやすい方もいるので、定期的な歯科医院での歯石とりや虫歯のチェックをしてもらうことで歯周病の予防にも繋がり、虫歯の早期発見もできるので数ヶ月に1度は定期検診をおすすめします。