バイコンインプラント治療なら、北九州市小倉南区のいけだ歯科矯正歯科へ

無料メール相談

予約

負担が少ないインプラント~バイコンインプラント~

バイコンインプラント これまでより安全に、質の高いインプラント治療法があります。いけだ歯科矯正歯科では「バイコン(bicon)」をおすすめします。

ここ最近、かなり「インプラント」という言葉が認知されてきたと感じています。

インターネットで検索したら、情報はたくさん出てきます。「とてもよい」という声もあれば、「怖い」「リスクが高い」という声もあります。

きっとインプラント治療を受けたら、「とてもいい!」ということはご理解いただけるのですが、やはり受ける前は、「痛いんじゃないか」「危ないんじゃないか」という恐れをお持ちの方が多いです。

バイコンインプラント そこで、いけだ歯科矯正歯科では、いままでのインプラント法よりも低リスク・安全な「バイコンインプラント」を、患者様に受けていただけるようにしています。

患者様のご希望で、従来のインプラントも可能ですが、必要で可能な限り、まだ日本では導入している歯科医院が少ない「バイコン」をオススメしています。

なぜバイコンインプラントがいいのか?

バイコンインプラント バイコン(bicon)の良さは、形状にあります。
従来ものとくらべて、短くて太いのです。

従来のインプラントは安定させるために、なるべく深い位置まで打ち込む必要がありました。

biconは、骨とインプラントが化学的に結合する面積を増やすために、縦方向に深くするのではなく、立体的なフォルム(深くて広い切れ込み)をとることで、表面積を増やして強力に骨と結合しています。

バイコンインプラント また、球体に近い形状を取ることで、力をインプラント全周で受けとめ、一点に力が集中しすぎないようにしています。そのため、「ショートインプラント」と呼ばれることもあります。

治療後のレントゲン写真は右上のようになります。この画像に解説を加えたものは次の画像です。

左に見える従来のインプラントのように造骨治療をしなくても、薄い骨にもインプラントが入ります。

バイコンインプラント ちなみに、従来のものは右のようなイメージになります。いかがでしょうか?直感的にバイコンの短さ・太さをわかっていただけると思います。

短いため、患者様の顎・お口・体に大きな負担をかけません。
形は「ずんぐり」しているため、安定しています。

顎の中には、重要な神経や血管が縦横無尽に走っています。
従来のインプラントでは外れないようにするために、なるべく深いところまで掘って埋める必要がありましたが、深く掘れば掘るほど、神経や血管を傷つけるリスクが高くなります。

さらに、上の顎は歯がはえているところのすぐ近くまで、鼻の空洞(副鼻腔)が広がっており、長さが十分に取れない場合には、インプラントを断念せざるを得ない場合もありました。

バイコンインプラント また、バイコンは基本、メンテナンスフリーです。
従来のインプラントは、数ヶ月に1度のクリーニングが必要ですが、バイコンは1年に1回で十分です。

インプラント治療をするときもした後も、バイコンインプラントには従来のものよりメリットがあるのです。

また、小さいというメリットを活かせば、これまでインプラント治療はできなかった部位にも、治療が可能になります。

「他院でできない」と言われたという患者様も、当院にいらっしゃることがあります。

当院はCTを完備していますので、CT撮影をしたあと、本当にインプラント治療ができないのかを再確認して、バイコンインプラントで可能であれば、治療を行います。

    ・インプラントに興味があるけど、怖いなと思っていた
    ・他院ではできないと言われてしまった
    ・従来よりも、安心で安全なインプラント治療を受けたい

という方にとって、バイコンインプラントは力強い味方になってくれます。

無料でのインプラントカウンセリングも行っていますので、ご興味がある方は当院までお気軽にご連絡ください。